about

近八書房(ちかはちしょぼう)は、初代近岡屋八郎右衛門が、寛政元年(1789年)、金澤木ノ新保(現在の金沢市本町)にて「近岡屋」を創業、二代目が、現在の横安江町へ店を移し、書籍の出版、販売を行ったのが始まりと伝えられております。

当時は書籍販売の傍ら、浄土真宗大谷派本願寺別院の門前町でもあり、真宗関係を初めとした仏教書籍を主に、俳書、宝生流謡本、寺子屋の手本、往来物、端唄等、種々の出版を手掛けて、加賀百万石の出版文化の一端を担って参りました。

現在は古書販売を専業とし、当地の出版文化を全国へ発信すべく、日々蒐書に明け暮れております。
お近くにお立ち寄りの節は、お気軽に覗いてみてください。
古書のことなら、先ず近八書房までご相談下さい。

古物商許可番号 石川県公安委員会第7554号